葬儀を行なう

葬儀を行なう際に葬儀社にお金を支払う必要があります。このお金を葬儀費用と言います。葬儀の規模が大きいと額も大きくなるので、それぞれの経済状況に合わせた葬儀を行なえるようにしましょう。

» 詳しくはこちら

老前整理とは

近年、就活がにわかに注目されています。自分の葬儀やお墓のことを自分で決めるという事です。このような就活は、年齢を重ねると難しいことがあります。年齢を重ねる前に老前整理を行なうことが重要です。

» 詳しくはこちら

遺品の整理を委託

これまで遺品の整理は遺族の仕事でした。しかし、大切な人を無くし、お通夜や葬儀を取り仕切った遺族は心身ともに疲労が溜まっています。そのような際に遺品整理の負担が加わると大変です。遺品整理業者に委託しましょう。

» 詳しくはこちら

遺品整理は大変

特殊清掃サービスに対する需要が高まると考えられています

遺品整理業者が提供しているサービスの中に、特殊清掃サービスというものがあります。これは、その名が示している通り、一般のハウスクリーニング業者などは取り扱っていない、特殊な清掃業務を行うサービスのことです。具体的に言うと、孤独死や自殺死などが発生した部屋の清掃業務ということになります。孤独死や自殺死の場合、遺体が腐乱していることが多いですし、室内に血や汚物が飛び散って悲惨な状況になってしまっていることがよくあります。そのような部屋の掃除を喜んで引き受けてくれる業者はほとんどいませんから、従来は部屋の持ち主が困ってしまうケースが多くなっていました。でも、特殊清掃業務を取り扱う遺品整理業者が多くなったため、助かっている人が大勢います。残念ながら、孤独死や自殺死が増加する傾向が見られますので、今後は特殊清掃サービスに対する需要がさらに高まるだろうと予想されています。

遺品整理業者を利用する際の注意点について

遺品整理業者と一口に言っても、業者によって取り扱っている業務内容に違いが生じていますから、契約を結ぶ前にどのようなサービスを受けることができるのかをきちんと確認してみることが大切です。特に、先ほど述べた特殊清掃を希望しているのであれば、特殊清掃サービスの有無を必ず確認しておく必要があります。遺品整理業者の中には、単純な遺品の整理作業と不用品の回収処分作業しか取り扱っていない業者も存在しています。そのような業者と契約を結んでしまった場合は、別の業者に特殊清掃業務だけを依頼し直さなくてはなりませんので、費用も手間も余分にかかってしまいます。ほとんどの遺品整理業者が事前相談や見積もりを無料で行っていますので、複数の業者を呼んでよく相談してみることをおすすめします。

Page Top